250TR スーパートラップ4inメガホン

春の繁忙期もあと一週間でひと段落。
とは言え当の昔に燃料切れ、残りの一週間は惰性でいくのです。

そんなこんなの今日この頃。
250TRのマフラー替えてみました。

びふぉー



あふたー
DSC06398.jpg

スパトラ4inまでは同じだけど、ステンのメガホンタイプにしてみました。
ダウンマフラーがレトロ感をかもし出していい感じじゃなくて?

実は最初からこのメガホンタイプ狙ってたんだけど、中古が出回らなくて妥協のアルミにしてました。
今回中古を見つけたのでサクッと交換。アルミよりも心なしか歯切れがよいサウンド。

パイロットスクリューは3と5/8戻しで大まか当たってそう。
次の繁忙期までに一回くらい走りに行きたいな~。
スポンサーサイト

250TRお直し その2

引き続きTRの細かい部分をお直し。

今回はインジケーター。
DSC06165.jpg
ウィンカー、ニュートラル、ハイビームに三つ目のLEDのインジケーターを付けます。

前オーナーがメーター交換時にオミットしたっぽい。ニュートラルのインジケーターのみ残ってました。
インジケーター用の配線自体が見当たらないのでショップでやったのかな?残しておいて欲しかったなぁ。


まずはウィンカーのインジケーター。

並列回路増設してサクッと点灯・・・しない!
LEDは極性あるから整流ダイオードが無いとダメなのね。ダイオードなんて買ってきてないし・・・と思ったら持ってた。
DSC06168.jpg
ダイオードたまたま持ってるってすごくない?
(エフェクター作りにハマっていたころに買ってました)

むき出しでつけるわけにはいかないのでちょっと加工。
DSC06170.jpg
極性分かりやすいようにクリアチューブに入れてみました。

次、ニュートラルのインジケーター。この辺から配線作業に飽きてきて写真がない(笑)
ニュートラルははもともと配線残ってたのでギボシ付け替えて繋いで終了。

次、ハイビームのインジケーター。
・・・だったはずが、残りのLEDが赤だったのと、配線弄りが面倒くさくなってきたので中止(笑)

三つ目用のステーだったのでグラインダーでぶった切って終了!
DSC06183.jpg
なかなかかわいらしくて良いんでないかい?

ひとまず今回のお直しは終了。
次はFCRにパワーフィルターかな~、でも北海道でチョーク無いのきついよね~・・・などと妄想中。

250TRお直し その1

前々から気になっていたTRの細かい部分をお直し。

もげかけのウィンカー。

おまけに8wのバルブで暗い。
さらにおまけでウィンカーリレーが10w用で点滅めっちゃ遅い。

全部却下。

ということでまずリレー。
DSC06145.jpg
安定のデイトナ。
LED対応なので球切れ時のハイフラ機能は無くなるけど、LED化もちょっと考えているのでまあいいでしょう。

次、ウィンカー。
DSC06155.jpg
上が今回交換するブレット(バレット)ウィンカー。

このウィンカーは社外ウィンカーにありがちなボディアース。
DSC06148.jpg

ちょっと心もとないのでアース線増設。
DSC06152.jpg
内側から引っ張ります。

取り付けの図。
DSC06180.jpg
なかなか良いんでなくて?

明るいし、点滅スピードも正常化。
あースッキリ。めでたしめでたし。


インジケーターも付けたんだけど長くなるので次の記事でね。

バイク解凍

やってまいりましたこの季節。
今年はいつもより早い春。

早速バイク解凍。

なかなか快調に目を覚ました250TR。今年は細かいところをお直し予定。

ついでにこっちも解凍。
DSC06052.jpg
去年は引越に出産にとほとんど乗れなかったZURIGO。今年も遠出は厳しいだろうけど近中距離をちょこちょこ乗ろうと思います。

どちらも安全運転で行きまっしょい!

竿新調

子供が生まれ、子育てに仕事に家事にバッタバタの毎日。遊ぶことも忘れ・・・るわけない。

忘れてるのはブログ更新することぐらい。

しっかり遊び、しっかり子育て、しっかり家事し、仕事はサボる!
いえ、仕事もちゃんといしてますよ。

ということで今回入手した竿がこちら。
DSC06037.jpg
FUJIGEN NTL101R
人生初テレキャスで初FUJIGEN。

アルダーボディにローズネックのテレキャス探してたら中古で安く出ていたので買っちゃいました。
ネックプレートがなかなかかっこいい。
DSC06036.jpg

音の立ち上がりが早く、ジャキジャキ感が楽しい。
PUはFUJIGENオリジナル。噂通りの無難な感じ。ちょっと毒素が足りない。
すぐ改造しちゃう病をグッと抑えて、今回しばらくは弄らずオリジナルで遊ぶ・・・わけない。

ということで即改造。
DSC06023.jpg
PU:Lindy Fralinのテレキャスセット。
POT:CTSA250K×2
3WAYセレクター:CRL
ナット:TASQ
キャパシタ:MONTREUX Retrovibe Oil Capacitor 0.047uF
        Cornell Dubilier MALLORYCornell 0.01uF(ハイパス用)
ジャック:スイッチクラフト

早速じゃんじゃん進めていきます。

まずはナット。
DSC06030.jpg
ある程度成型されているものを買ったので、リューターとナットファイラーで微調整。

次、ジャック。
DSC06028.jpg
音に影響するのかと言われれば多分そんなにしない。

次、パネルプレート。
DSC06029.jpg
オリジナルのポットは日本製でシャフトがセンチ、CTSはインチなのでドリルでゴリゴリ穴を広げます。

次、ピックアップ。
DSC06032.jpg
これが今回の改造の本命。
同メーカーのブロードキャスターと迷ってテレキャスセットに。ジャキジャキ言わせたいじゃん。

次、ピックガード。
DSC06026.jpg
Lindy FralinのPUはノイズ少ないけど、私はカッティング時に小指でピックガードを触る癖があり、静電気でパチパチなっちゃうからアルミテープで処理。ザクリまでやっちゃうと倍音削られ過ぎちゃうのでピックガードのみ。

次、ポット&キャパシタ&セレクター。
DSC06035.jpg
オリジナルがボリュームポットにコールド集めてたからそのまんま配線したけど、ボリュームポットの方が交換頻度高いんだからトーンポットに集めればよかったと今更後悔。

コレで一通り終了!
ジャック、ポット、セレクターの交換は多分そんなに音に影響しないけど、ついで&おまじないってことで(笑)

弦高とオクターブ調整して試弾き。

大まかイメージ通りの音になりました。LindyFralin噂通りの良さ。ジャキジャキしてるけどリアにしても耳が痛くない。程よい。
オイルコンデンサもリンディのテレキャスセットとの相性は良さそう。

テレキャス楽し。
プロフィール

taku

Author:taku
北海道江別市でしがない絵描きをやっています。

ホームページ
gallery-taku


趣味はバイクと楽器(ギターと鍵盤)とロードバイク(シクロクロス)。

特技はハゲ上がる自分の髪を「”ジャン・レノ”スタイル」と言い張る事。

リンク
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR