FC2ブログ
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VOX AC4C1-12 買っちゃうの巻き

また楽器のお話し。
今日はアンプ。

数年前までVOXのAC15C1を使っていたのですが、部屋の中で使うには音量的に無理があり最近はVOXのpathfinder15Rを使ってました。
pathfinder15Rはトランジスタアンプとしてはなかなか良い出来でして、出音も素直で部屋弾きするにはもってこいなんですが、クラスAのチューブアンプがかもし出す艶はありません。

そこで以前から出力的にちょうど良さそうなVOXのAC4に目を付けていたのですが、レギュラーラインナップはスピーカーが10インチでちょっと微妙、12インチを積んでいる4Wのアンプはハンドワイヤードシリーズだけ。しかし高い!買えない!

ということで半分諦めていたのですが、先日偶然Amazonで「AC4C1-12」なんてアンプを発見!
説明を読んでみると4WのクラスA回路、そしてスピーカーが12インチ!おまけに16000円弱(2015年11月時点)とめっちゃ安い!

しかし出たばかりなのか情報がほとんどありません。
レビューも無いし、そもそもこの時点ではVOXのホームページにも出ていません。

ちょっとおっかない感じもしますが、めっちゃ安いしまぁいいかということでポチっちゃいました。

そして届いたのがこちら!

・・・ジェリーさん、邪魔です。

気を取り直して箱を剥くとさらに箱!玉ねぎかよ!
DSC04279.jpg
安いけど梱包はしっかりしてます。

中身はこちら!
DSC04282.jpg
VOXの定番デザイン。
かっちょ良い。
ちなみにAC15はもう手元にありませんが、まだpathfinderの15と10があるので3台目のVOXアンプです(笑)

コントロールパネルはこんな具合。
DSC04284.jpg
GAIN、BASS、TREBLE、VOLUME、メインスイッチ。
これくらいの出力のチューブアンプはだいたいそうですが、スタンバイスイッチはありません。

そして背面パネル。
DSC04286.jpg
一つだけついてる端子はスピーカーOUTです。

私の手に渡った機材の宿命。
DSC04287.jpg
速攻開けちゃう!(笑)
中身が気になるのでパネルを外してみました。
得体のしれないCelestionの12インチスピーカーが鎮座しております。

この状態ではチューブが確認できなかったのでコントロールパネルも外してみます。
DSC04289.jpg
プリ管が12AX7を2本、パワー管がEL84が1本。両方ともVOXお決まりのChina管でした。飽きたらほかのに変えてみようかな。

出音はしっかりとACの特徴を持っています。
出力もキャビも小さいので低音は弱いですが、上はACらしいキラキラとした艶があります。
まぁ言ってもAC15やAC30の出音を求めるのは無理がありますけど(^^;)

気になる点としてはノイズが多少出てるのと、TREBLEを2時以降にすると急にBASSが減退します。
レコーディングに使うわけでもないし、ノイズは許容範囲内。TREBLEも慣れれば問題ないでしょう。

そんなこんなで部屋でペケペケ弾く分には十分チューブらしさを味わえるのではないでしょうか?
このアンプ、コストパフォーマンス高し!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taku

Author:taku
北海道江別市でしがない絵描きをやっています。

ホームページ
gallery-taku


趣味はバイクと楽器(ギターと鍵盤)とロードバイク(シクロクロス)。

特技はハゲ上がる自分の髪を「”ジャン・レノ”スタイル」と言い張る事。

リンク
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。