FC2ブログ
   

竿新調

子供が生まれ、子育てに仕事に家事にバッタバタの毎日。遊ぶことも忘れ・・・るわけない。

忘れてるのはブログ更新することぐらい。

しっかり遊び、しっかり子育て、しっかり家事し、仕事はサボる!
いえ、仕事もちゃんといしてますよ。

ということで今回入手した竿がこちら。
DSC06037.jpg
FUJIGEN NTL101R
人生初テレキャスで初FUJIGEN。

アルダーボディにローズネックのテレキャス探してたら中古で安く出ていたので買っちゃいました。
ネックプレートがなかなかかっこいい。
DSC06036.jpg

音の立ち上がりが早く、ジャキジャキ感が楽しい。
PUはFUJIGENオリジナル。噂通りの無難な感じ。ちょっと毒素が足りない。
すぐ改造しちゃう病をグッと抑えて、今回しばらくは弄らずオリジナルで遊ぶ・・・わけない。

ということで即改造。
DSC06023.jpg
PU:Lindy Fralinのテレキャスセット。
POT:CTSA250K×2
3WAYセレクター:CRL
ナット:TASQ
キャパシタ:MONTREUX Retrovibe Oil Capacitor 0.047uF
        Cornell Dubilier MALLORYCornell 0.01uF(ハイパス用)
ジャック:スイッチクラフト

早速じゃんじゃん進めていきます。

まずはナット。
DSC06030.jpg
ある程度成型されているものを買ったので、リューターとナットファイラーで微調整。

次、ジャック。
DSC06028.jpg
音に影響するのかと言われれば多分そんなにしない。

次、パネルプレート。
DSC06029.jpg
オリジナルのポットは日本製でシャフトがセンチ、CTSはインチなのでドリルでゴリゴリ穴を広げます。

次、ピックアップ。
DSC06032.jpg
これが今回の改造の本命。
同メーカーのブロードキャスターと迷ってテレキャスセットに。ジャキジャキ言わせたいじゃん。

次、ピックガード。
DSC06026.jpg
Lindy FralinのPUはノイズ少ないけど、私はカッティング時に小指でピックガードを触る癖があり、静電気でパチパチなっちゃうからアルミテープで処理。ザクリまでやっちゃうと倍音削られ過ぎちゃうのでピックガードのみ。

次、ポット&キャパシタ&セレクター。
DSC06035.jpg
オリジナルがボリュームポットにコールド集めてたからそのまんま配線したけど、ボリュームポットの方が交換頻度高いんだからトーンポットに集めればよかったと今更後悔。

コレで一通り終了!
ジャック、ポット、セレクターの交換は多分そんなに音に影響しないけど、ついで&おまじないってことで(笑)

弦高とオクターブ調整して試弾き。

大まかイメージ通りの音になりました。LindyFralin噂通りの良さ。ジャキジャキしてるけどリアにしても耳が痛くない。程よい。
オイルコンデンサもリンディのテレキャスセットとの相性は良さそう。

テレキャス楽し。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taku

Author:taku
北海道江別市でしがない絵描きをやっています。

ホームページ
gallery-taku


趣味はバイクと楽器(ギターと鍵盤)とロードバイク(シクロクロス)。

特技はハゲ上がる自分の髪を「”ジャン・レノ”スタイル」と言い張る事。

リンク
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR